ユナイテッド航空は、東京の都心部のアクセスに最適な羽田空港から、新たにシカゴ・ロサンゼルス・ニューヨーク(ニューアーク)・ワシントンD.C.(ダレス)の4路線の乗り入れを開始します。いずれも2020年3月29日より、デイリーで直行便を運航予定です(政府認可条件)。 現在、ユナイテッド航空は羽田ーサンフランシスコ間で直行便を運航しており、今後は合計で5つの路線が羽田より就航することになります。今回追加となる4路線の航空券は、すでに販売中です。

成田からの運航も継続

現在、成田国際空港から運航しているデンバー・グアム・ホノルル・ヒューストン・ロサンゼルス・ニューヨーク(ニューアーク)・サンフランシスコ線は、引き続き成田からの運航を継続します。羽田の新規就航にともないロサンゼルス便とニューヨーク便は東京発が倍増し、より多くの方にご利用いただけるようになります。シカゴ・ワシントンD.C.路線に関しては、成田からの運航を終了し羽田に移行いたします。

米国航空会社の中で東京からの最も多くの直行便を運航

今回の羽田路線拡大について、ユナイテッド航空の国際路線企画担当・副社長パトリック・クウェイルは下記のようにコメントしています。 「この新規路線開設により、米国からのお客様は羽田空港を経由してアジア各国65都市との乗り継ぎが可能となりました。よりフライトの選択肢が増えることになります。来春の運航開始から、東京2020オリンピックおよびその先を見据えて、より利便性の高いサービスをご提供できることを喜ばしく思います。 ユナイテッド航空は日米間での直行便を40年以上に渡って運航して参りましたが、今回お客様のご要望にお応えするかたちで羽田路線のネットワークを拡充できることを嬉しく思っております。今後も日米間で最大の翼を広げるエアラインとして、さらなるサービスの拡充に努めて参ります」

羽田発着便新スケジュール(2020年3月29日より)

*注釈①: +1は翌日着です。

*注釈②:機材は予告なく変更する場合があります。

*注釈③:米国発は3月28日から開始となります。

成田発着便新スケジュール(2020年3月29日より)

*注釈①:+1は翌日着です。

*注釈②:機材は予告なく変更する場合があります。

*注釈③:米国発は3月28日から開始となります。

今後も快適さを求めて進化を

快適な睡眠を重視したプレミアムエコノミー「ユナイテッド・プレミアムプラス」の導入や、米高級スキンケアブランド『サンデー・ライリー』との共同開発によるアメニティキットの採用など、日本ー米国線でも率先してお客様にご満足いただくためにサービスを進化させてきました。今後も、羽田ーロサンゼルスの新規路線にて最新鋭の機材B787-10を使用するなど、さらなる利便性と快適さでご満足いただけるよう取り組みを進めます。

以降の詳細な就航情報などに関しましては、公式サイトunited.comや日本語版公式フェイスブック(@UnitedAirlinesJapan)をご覧ください。