Japan Hub team

United Hub Home

オンラインでフライトを変更・キャンセル・再予約する方法

By Japan Hub team, July 01, 2020

夏のご旅行や会議の出席、イベントの参加など、皆さまに先のご旅行を計画していただけるよう、ユナイテッドでは年内のご旅行を2020年7月31日までに変更またはキャンセルされた場合、手数料を免除しています。これは、すでにご案内しているご旅行を変更またはキャンセルされる場合に適用される特別対応の追加措置となります。

払い戻し不可の航空券で予約をキャンセルされた場合は、その代金をフライトクレジットとして保持し、航空券のご購入日から最長12か月間、手数料なしで新しい航空券代に充当することができます。

マイレージプラス会員の方は、united.comおよびユナイテッドのアプリの「マイアカウント」に追加された「トラベルクレジット」の項目でお持ちのフライトクレジットやEトラベルサーティフィケートの確認ができます。詳細情報にはクレジットを使用する際に必要となるPIN番号、実際に予約を作成するページへのリンクなどが含まれています。

国際線および一部の米国内線の航空券では、united.comで払い戻しを申請できる場合があります。コロナウイルス感染症による政府の渡航制限や、ユナイテッドのスケジュール変更により運航中止となった路線など、フライトへの影響が深刻な航空券はユナイテッドの予約センターでお手続きを承ります。

旅行会社で購入された航空券や他の航空会社が発行した航空券番号が016以外で始まるものなど、一部の航空券はunited.comやモバイルアプリ、およびユナイテッド航空予約センターへのお電話ではご変更いただけません。変更のお手続きは、航空券を購入された旅行会社または航空会社へご依頼ください。

フライト予約の変更、キャンセルのお手続き方法は以下の通りです。

現在の予約を変更する:

  1. united.comのトップページで「ご予約の確認」を選び、ご予約の詳細を入力して予約記録を表示させます。必ず半角英数字でご入力ください。
  2. 「フライトの変更」を選ぶと、「編集」ボタンで以下の変更ができます
    • ご旅行日またはご旅行先
    • フライトの追加
    • フライトの削除
  3. 新しいフライトを予約される場合は「続ける」をお選びください。
  4. 新しいフライトの予約が完了するまで、手続きを進めてください。

ご注意:変更手数料は「免除」と表示されますが、新しい航空券代の方が高額な場合は差額のお支払いが必要となります。

フライト予約をキャンセルし、後日再予約する:

  1. united.comのトップページで「ご予約の確認」を選び、ご予約の詳細を入力 して予約記録を表示させます。必ず半角英数字でご入力ください。
  2. 「フライトのキャンセル」を選択します
  3. キャンセルを確認します
  4. 航空券の相当分がフライトクレジットとして保存されます。再予約の際に「次回のフライトクレジットの使用」を選択すると、新しいフライト予約に相当分を充当します。

下のスクリーン画像をクリックすると、詳細をスライドショーでご覧いただけます

ユナイテッドのホームページから始める

予約ウィジェットの「ご予約の確認」タブを選ぶと、ご予約記録の検索や表示ができます。

  • マイレージプラス会員番号でログインせず、ゲストとしてご利用の場合は予約番号と姓をご入力ください。必ず半角英数字でご入力ください。
  • マイレージプラス会員番号でログインされている場合は、「現在の」タブで既存のご予約を選択するか、「フライトを検索」タブから予約記録を表示させてください。

お客様の健康と安全を最優先するユナイテッドの新しい取り組み

By Japan Hub team, May 27, 2020
United Clean Plus | Clorox

ユナイテッドは安全に世界をつなぐことに情熱を注いでいます

ユナイテッド・クリーンプラスは、業界最高水準のクリーンな空間を提供し、お客様の健康と安全を最優先する取り組みです。ユナイテッドは、ご旅行全体を通じて常に健全で安全な環境を提供するため、Cloroxと提携して清掃・消毒の手順を見直しています。そして、まずは一部の空港からClorox製品を導入し、今後数か月で全米の各空港に展開いたします。

空港にて

  • At check-in:

  • 1
    空港職員と客室乗務員の検温を実施
  • 2
    チェックインカウンターと搭乗ゲートに飛沫ガード板を設置
  • 3
    一部のセルフサービス・キオスクの使用を一時停止
  • 4
    床面の表示で約2メートルのソーシャルディスタンスを奨励
  • 5
    預け入れ手荷物のあるお客様にタッチレス・キオスクを導入
  • At the gate:

  • 6
    ドアノブ、手すり、エレベーターのボタン、電話、コンピュータ等の接触部分を消毒
  • 7
    消毒液の設置と消毒用ウェットティッシュの提供
  • 8
    搭乗ゲートではお客様による搭乗券のセルフスキャン

機内にて

  • 1
    個別包装された消毒用ウェットティッシュの配布
  • 2
    すべての乗務員とお客様にマスク等の着用を義務付け、マスクをお持ちでない場合は、使い捨てのマスクを提供
  • 3
    枕、毛布、機内誌などの搭載品を一時的に撤去
  • 4
    搭乗開始前にトレイテーブルやアームレストなど多くの人が触れる部分を消毒
  • 5
    スナックや飲み物の提供時、客室乗務員とお客様の接触を減らす
  • 6
    飛行機の清掃を最低でも米国疾病予防管理センター(CDC)のガイドラインを満たすか、上回っている基準で実施
  • 7
    ソーシャルディスタンスを確保するため、可能な限り以下の対策を実施:
  • • ミドルシート(中央席)の利用を制限
  • • 密集して着席している場合、お客様に移動をお願い
  • • 到着時の混雑を減らすため、降機は5列ごとにご案内
  • 8
    除菌用静電噴霧器を使用した飛行機の消毒を、6月中旬までにすべてのフライトで実施の予定
  • 9
    機内では病院で使用されているものと同じ、最先端の高性能エアフィルター(HEPA)で最大99.7%の粒子を捕集、つねに清潔な空気を循環

Cleveland Clinicユナイテッドは、お客様と社員の安全を守る清掃・消毒の手順を強化するにあたり、ClevelandClinicの専門家と緊密に連携してアドバイスを受けています。COVID-19について詳しくは、Cleveland Clinicのウェブサイト(英語)をご覧ください。

新CEO、スコット・カービーからのメッセージ

By Japan Hub team, May 20, 2020


皆さまこんにちは。このたびユナイテッド航空の最高経営責任者に就任いたしましたスコット・カービーと申します。私は米国エアフォース・アカデミーの卒業生であり、この過去4年間ユナイテッド航空の社長としての経験を含め、これまでの全てのキャリアで航空関係に携わってまいりました。

当初、CEOとして就任した最初のメッセージではお客様のご旅行を快適にするための投資やアメリカ全土における弊社の継続的な成長、またわくわくする新しい国際線路線拡大についてお伝えすると決めておりましたが、今日世界中に広がっているCOVID-19の状況を鑑み、当初の予定とは違うメッセージをお伝えすることといたしました。

まず初めに、皆さまの変わらぬご愛顧に心より感謝申し上げます。そして、皆さまの温かいご支援にユナイテッドファミリーの一人ひとりが深く感謝していることもお伝えしたく思います。

過去2か月にわたりユナイテッドの社員は、いかなる場合も職場を離れられない業種の一員として医療物資や必需品の輸送、医療関係者に対しての無償フライトの提供、また米国に帰国する方々の帰還のお手伝いをして参りました。

前代未聞の重大局面の最中であっても安全はユナイテッドにとって常に全てに優先するものであり、現在、これまでに例のない危機の中、弊社が最も重要視しているのは、そのお客様の安全に他なりません。COVID-19により、お客様が旅行に関する決断を行う際には、清潔さと衛生管理が大きな判断基準になっていることを理解しています。私たちは お客様および社員の安全を守るためにあらゆる対策を講じています。

ユナイテッドでは飛沫ガード板をチェックインロビーと搭乗ゲートに設置している他、病院でも使用されている機器と同じものを用いて機内の消毒を行っています。さらに機内のすべての乗務員とお客様にマスクかフェイスカバーの着用を義務付けており、社員の就業前の検温も実施しています。

それだけではありません。米クロロックス社とクリーブランドクリニックの専門家と協力し、安全な旅のための新しい衛生基準である「ユナイテッド・クリーンプラス」を設定いたしました。

クロロックス社は、空港および機内各所の表面の消毒方法の改善やお客様の安全・ 健康を保つための環境整備において私たちと密に連携しております。

クリーブランドクリニック所属の医師や科学者は最新の技術や取り組みに関しての助言を行うと共に、トレーニング開発や品質管理のプログラムついてもアドバイスを行います。また科学者たちがCOVID-19について新しい発見をするたびに、クリーブランドクリニックの専門家達がその発見された情報、技術を使い、ユナイテッドが乗客の安全を守る新しい方策をスピーディーに導入するのをサポートします。

この世界的パンデミックがいつ鎮静化するのか判らない一方、私たちに今わかっていることは、旅は世界文化に深く織り込まれているということです。私たちは皆、家族を訪ねること、友人のウェディングパーティで踊ること、両親を抱きしめること、そしてこの美しい世界の驚異を自分の目で見ることを切望しています。どんなに写真が鮮明でも、どんなに強いWi-Fiのシグナルがあっても、その場にいること、その場で集まり、直接出会い、共に祝う喜びに代わるものはありません。

私たちは、皆さまがまた旅に出る日が来ることを確信しています。その際には、皆さまをユナイテッドのフレンドリースカイでお迎えいたします。

皆さまのご健勝を心よりお祈り申し上げます。そして皆さまと機上でお目にかかれる日を心よりお持ちいたしております。

マイレージプラスプログラムの重要な変更について

By Japan Hub team, April 05, 2020

現在の前例のない状況の中、私たちはすべてのマイレージプラス会員に対して正しく、公平であるよう努めています。ユナイテッドを信頼し、ご愛顧いただいている皆さまのために、このたびマイレージプラスプログラムの重要な変更を行いました。この変更はプレミア資格の更新に関するものだけでなく、現在お持ちの資格の延長や年間パスの有効期間の延長なども含まれます。これらの変更は今後数週間の内に自動的に反映される予定ですので、皆さまにお手続きいただく必要はありません。

ビッグニュース:2020年のプレミア資格の有効期限を2022年1月31日まで延長いたします。プレミアシルバーからプレミア1K®までの会員資格をお持ちの方は、少なくとも来年も今年と同じ会員資格をお楽しみいただけます。

2021年のプレミア資格ついては、各会員レベルの取得基準を50%引き下げますので、さらに上位の会員資格の取得が容易になります。ただし、ユナイテッドまたはユナイテッド・エクスプレス運航便は、これまで通り4区間以上ご利用いただく必要があります。

2021年の資格

PQF(プレミア資格対象フライト)

およびPQP(プレミア資格対象ポイント)で獲得

またはPQPのみで獲得

プレミアシルバー

6

2,000

2,500

プレミアゴールド

12

4,000

5,000

プレミアプラチナ

18

6,000

7,500

プレミア1K

26

9,000

12,000

ユナイテッド航空CEO(最高経営責任者)オスカー・ムニョスからのメッセージ

By Japan Hub team, March 26, 2020

お客様各位、

私は、皆様と皆様の愛する方々がお健やかにお過ごしであることを願っております。

この過去数週間は、私たちの誰もが生涯忘れられない最も動揺し、感情的になった時期の一つになると言っても過言ではないでしょう。新型コロナウイルス感染症の影響は全米のみならず世界中の人々、家族、企業、コミュニティに広がっています。

この危機には並外れた対応が必要とされています。社会としてだけでなく、人類としての私たちにも。

しかし、この危機とそれがもたらした社会的な隔絶は、分裂や不和を引き起こすのとは全く反対に、私たち自身の中にある深遠な渇望を自らに自覚させました。それは、誰かと繋がっていたいという願いです。

人と人を繋げるということは、結婚式や卒業式、誕生日や出張など大小を問わず人生のさまざまなイベントにおける最も重要な瞬間に、私たち、ユナイテッド航空が果たすことができる特権です。その役割を果たしたいという責任感が、できるだけ早く通常の運航を復活させようと願う私たちの最大の動機となっています。

この危機が去った時、ユナイテッドだけでなく航空業界全体が皆様に再びサービスを提供できるよう準備しておくため、今回の米国政府による包括的な救済措置が実施されたことは非常に重要です。

世界10万人のユナイテッド航空社員とその家族を代表し、私はアメリカとユナイテッド航空が飛び続けるために必要な今回の公的支援に心から感謝する気持ちをお伝えしたいと思います。

この支援により、航空業界だけでなく多くの業界での雇用を維持することが可能となります。そして将来、皆様が顧客として私たちに期待するサービスを提供するため、ユナイテッド航空の将来についての決断を下す時間的猶予を与えてくれます。

現在、旅客需要が減少する中、航空業界に求められるサービスと機能が変化していることを認識しています。そして、私たちはこれらの新しいニーズを満たすべく対応しています。

現在、ユナイテッドの塗装とそのロゴを施した旅客機はその目的を変え、世界で医薬品や医療用品が最も必要とされている各地へ物資を届けるために、ユナイテッドのプロ意識あふれる社員達により運航されています。また、現在、待機させている旅客機を貨物チャーター便として週に40回以上、米国内と世界の主要なビジネス拠点へ貨物輸送の目的で運航しています。また同時に米国国務省と協力し、海外に取り残されたアメリカ人を帰国させるために定期やチャーター旅客便も運航しています。

現状では多くが不確実な中、ひとつ確かに言えるのは、この危機はいずれ去るということです。我々の国家や地域は正常に戻り、ユナイテッドは以前のように皆様にサービスを提供できるようになります。そのとき、私たちがお客様や社員、そしてサービスを提供しているすべての人々のために現在実施していることで、再びユナイテッドで飛び立つ皆様が一層誇らしい気持ちになれるよう願ってやみません。

安全で健康にお過ごしください。


オスカー・ムニョス

最高経営責任者

夢だったニューヨークロングステイを叶えて、気付けたこと

By Sakie Ninomiya, March 18, 2020

本シリーズでは、日本から世界を飛び回るトラベラーがお気に入りのスポットを紹介。 現地でしか体験できないアクティビティやレストラン、またガイドブックには載っていない「ローカルの秘密」まで、各トラベラーおすすめの情報をお届けします。

今回のゲストライターは世界各国を旅しているトラベルインフルエンサー、二宮さきえさん。

そんな二宮さんが憧れた街「ニューヨーク」で、彼女が旅先で感じたことや経験と共に、現地の魅力について語ってくれました。フォトグラファーでもある、二宮さんの写真とともにご紹介します。


夢だったニューヨークステイ

マンハッタン生活をスタート

東京からNYまで約12時間のフライト。

着いたら、Uberを手配し乗り場で待つ。約30分、運転手に最近オススメの場所や美味しいご飯の情報を聞いていたらあっという間にマンハッタンに到着。

初めてニューヨークを訪れたのは、大学在学中21歳の頃。

大好きなTVドラマ、当時ハマっていた音楽、ファッション。気になるもの全ての舞台がニューヨークだった。

世界に飛び立つ人たちへ、荷物とともにエールを届ける

By Japan Hub team, March 12, 2020



さまざまな「ユナイテッドの人」の声をお届けする「空が綴る絆」シリーズ。

第3回目にご紹介するのは、ランプサービス(運航業務部)で手荷物や貨物を扱う長野 英紀(ながの ひでのり)さん。

自身の仕事との向き合い方や、これから世界へ羽ばたこうとする人たちへのメッセージをなど、入社のきっかけになったアメリカ旅行を振り返りながら語ってもらいました。

晴天のLAで楽しむ、テラス席が気持ち良いオススメのカフェ

By Sakie Ninomiya, March 12, 2020

本シリーズでは、日本から世界を飛び回るトラベラーがお気に入りのスポットを紹介。 現地でしか体験できないアクティビティやレストラン、またガイドブックには載っていない「ローカルの秘密」まで、各トラベラーおすすめの情報をお届けします。

世界各国を旅しているトラベルインフルエンサー、二宮さきえさん。前回は、二宮さんが憧れた夢の街「ニューヨーク」の魅力について語ってくれました。(ニューヨークの旅はこちら

今回は、LA旅!サンタモニカにある憧れのホテルに泊まりながら、ずっと行ってみたかったお洒落なカフェ巡り。見ているだけで旅をしているような、二宮さんの写真と共にサンタモニカをご紹介します。


夏のサンタモニカへ

カフェのテラス席

ハワイアンライフに魅了され、のんびり幸せな家庭を築くための新天地

By Laura Yamada, March 12, 2020

本シリーズでは、日本から世界を飛び回るトラベラーがお気に入りのスポットを紹介。 現地でしか体験できないアクティビティやレストラン、またガイドブックには載っていない「ローカルの秘密」まで、各トラベラーおすすめの情報をお届けします。

アメリカのアイオワ大学を卒業し、日本ではモデルとして活躍しながら2児の母でもある山田ローラさん。前回は故郷シカゴのオススメ観光地から、名物料理、現地に行ったら是非体験したいアクティビティについて紹介してくれました(シカゴの旅はこちら

今回は、現在ローラさんが家族と住んでいる「ハワイ」をご紹介。リゾート地として有名なハワイですが、実際に住んでみるとどうなのでしょう?子供と楽しめる公園や、あまり知られていないビーチ、現地で必ず食べたい絶品料理など、家族で楽しみたいハワイでのローカルな過ごし方を紹介してくれました。

最高の楽園へ

子供と楽しむハワイ

本土に住んでいるアメリカ人からしても遠いパラダイスのようなハワイ。人生で1度も行ったことのない夢のような島でいずれ結婚式を挙げ、家を買い、生活の拠点を移すなど想像もできませんでした。初めてハワイに遊びに行った時の喜びは住んでいる今でも変わらず、ハワイにいる時、毎日をのんびりと平和に家族と暮らしているのが幸せそのものです。

プロフェッショナルとして、お客様に寄り添う

By Japan Hub team, March 12, 2020


さまざまな「ユナイテッドの人」の声をお届けする「空が綴る絆」。第2回目にご紹介するのは、予約センターから空港のカスタマーサービスへと異動し、ユナイテッドのお客様と向き合い続けている高橋 順子さん。

直接対面しサービスを提供する現場ならでは、そのやりがいや難しさについて語ってもらいました。


いつ訪れても新発見!芸術と美食の街、シカゴへ懐かしの旅

By Laura Yamada, March 11, 2020

本シリーズでは、日本から世界を飛び回るトラベラーがお気に入りのスポットを紹介。 現地でしか体験できないアクティビティやレストラン、またガイドブックには載っていない「ローカルの秘密」まで、各トラベラーおすすめの情報をお届けします。

今回のゲストライターは山田ローラさんです。アメリカのアイオワ大学を卒業し、日本ではモデルとして活躍しながらアメリカを中心に様々な国を旅している山田ローラさん。今回は、彼女の故郷でもある「シカゴ」を特集。オススメの観光地から名物料理、現地に行ったら是非体験したいアクティビティなど、彼女がオススメするシカゴの魅力について紹介してくれました。


風の街へ飛んで行く!

\u30df\u30ec\u30cb\u30a2\u30e0\u30d1\u30fc\u30af\u306e\u30b6\u30fb\u30d3\u30fc\u30f3 ミレニアムパークのザ・ビーン

アメリカの中西部のイリノイ州に位置する大都市シカゴ。五大湖ミシガン湖の西側にあるため、北からくる風がかなり吹き、ウィンディシティとの愛称で親しまれています。

私自身イリノイ州の隣にあるアイオワ州出身なのでシカゴにはよく遊びに行き、思い出が沢山ある場所です。

日本との時差は15時間あるため、まさに地球の裏側!その長い旅にたどり着く先は大都会のはずなのにどこかアットホームな居心地がいい街が待っています。


ふるさとの未来と学生たちの夢を想って:NPOカタリバとのイベントレポート

By Japan Hub team, March 04, 2020

私たちユナイテッドは、その理念に共感するさまざまな団体に協賛し、社員自らも活動に参加するなど、積極的に支援をつづけています。今回は、そのひとつである「NPOカタリバ」と実施した、島根県雲南市での「雲南市高校生プログラム」のイベントレポートをお届けします。

人のために、人とともに歩んできた、勤続30年の理由

By Japan Hub team, February 27, 2020


さまざまな「ユナイテッドの人」の声をお届けする「空が綴る絆」シリーズ。記念すべき第1回目にご紹介するのは、1990年に入社して以来、航空整備士として活躍してきた宮田 毅さん。

彼にとって、ユナイテッドとは。働き続ける理由とは。勤続30年目を迎える仕事の魅力などについて語ってもらいました。

Scroll to top