白い砂浜のビーチやウォータースポーツ、シュノーケリング、熱帯雨林のハイキング、トロピカルな気候を楽しむのに、遠くまで旅に出る必要はありません。ハワイの主要な5つの島には、このほかにもさまざまな魅力があり、多彩な屋外アクティビティで世界に知られています。

オアフ島

ハワイ州で最も人口が多いオアフ島。行き交う人々を眺めたり、各国料理のレストラン、ショッピング、ナイトライフを楽しむのにも最適ですが、アウトドアでも思い出に残るひとときを過ごせます。ホノルルではダイヤモンドヘッドでハイキング。火山活動によって生まれた崖の頂上からは市街を一望することができます。マノア滝を目指して熱帯雨林をトレッキングするのもおすすめです。ハイキングを満喫したら、ワイキキビーチでボディサーフィンやボディボード、スタンドアップ・パドルボード、アウトリガーカヌーを楽しんでクールダウンしましょう。オアフ島ではその他にも、マカプウ灯台までのお手軽なハイキングコースを歩いたり、ノースショアでビッグウェーブに乗る人たちを眺めたり、数々の映画のロケ地として使われた広さ約16平方キロメートルのクアロア・ランチで乗馬や四輪バギーに挑戦してみたりと、バラエティに富んだアクティビティを堪能できます。いずれのスポットもホノルルから車で40分以内でアクセスできます。

Hawaii landscape

マウイ島

マウイ島の2大ビーチリゾートエリアであるカアナパリおよびワイレアでは、日光浴のほか多くのアクティビティを楽しめます。カアナパリは、ブラックロックのビーチのすぐそばでのシュノーケリングなど、さまざまなウォータースポーツが盛ん。ワイレアには、長くて広いビーチ沿いにウォーキングやジョギングに最適な遊歩道があるほか、最高の気分でプレーを楽しめるワールドクラスのゴルフコースもあります。人混みに疲れたら、サーフィンの聖地ホオキパビーチや、ハレアカラ国立公園を訪れてみましょう。高さ約3キロメートルの休火山ハレアカラで特に人気のアクティビティは2つ。クレーターまでのハイキングやクレーターを横切るハイキングと、高低差1.8キロメートル、全長37キロメートルの曲がりくねった道を自転車ツアー会社のファットバイクで駆け下りるスリル満点のサイクリングです。

\u30ab\u30a6\u30a2\u30a4\u5cf6

カウアイ島

カウアイ島には、さまざまなガイド付きツアーやセルフガイドツアーを楽しめるナショナル・トロピカル・ボタニカル・ガーデンがありますが、一年を通じて断続的に降る大雨のおかげで 島全体が熱帯の楽園であるこの地では、管理された植物園はいらないのではと感じるほどです。頑丈なブーツを履き、雨具を身に付けたハイカーには、『太平洋のグランドキャニオン』と称される深さ約1ミロメートルのワイメア・キャニオンに数十マイルにわたって張り巡らされたトレイルでのハイキングが人気。豪雨で閉鎖されていなければ、ナ・パリ・コーストの近くの険しいカララウ・トレイルにぜひ挑戦してみましょう。ここはカウアイ島随一のドラマチックなハイキング・トレイルです。航行可能な川としては州内で最長のワイルア川でのリバーカヤックもおすすめです。疲れたらビーチに座ってひと休み。カウアイ島には合計80キロメートルにわたる美しいビーチがあります。

ハワイ島

「ビッグアイランド」の愛称を持つハワイ島では、たくさんのアウトドア・アクティビティを満喫できます。有名なハワイ火山国立公園が火山活動により閉鎖していてもご安心を。公園が占めているのは島のごく一部のエリアです。ハワイ島は、オアフ島、マウイ島、カウアイ島を合わせた面積より2倍以上広い大きさで、ほとんどのアクティビティはヒロおよびコナ(カイルア・コナ)の大きな2つの街の周辺で楽しめます。ヒロで訪れたいのは、ニューカイム黒砂海岸やプナルウ黒砂海岸、アカカ滝。コナではゴルフやシュノーケリングを楽しめるほか、優れた選手のみが挑戦権を得られるハワイ・アイアンマン世界選手権の開催地としてもアウトドアファンに知られています。

\u300c\u30d3\u30c3\u30b0\u30a2\u30a4\u30e9\u30f3\u30c9\u300d\u306e\u30c8\u30ed\u30d4\u30ab\u30eb\u30d3\u30fc\u30c1

ハワイ島

「ビッグアイランド」の愛称を持つハワイ島では、たくさんのアウトドア・アクティビティを満喫できます。有名なハワイ火山国立公園が火山活動により閉鎖していてもご安心を。公園が占めているのは島のごく一部のエリアです。ハワイ島は、オアフ島、マウイ島、カウアイ島を合わせた面積より2倍以上広い大きさで、ほとんどのアクティビティはヒロおよびコナ(カイルア・コナ)の大きな2つの街の周辺で楽しめます。ヒロで訪れたいのは、ニューカイム黒砂海岸やプナルウ黒砂海岸、アカカ滝。コナではゴルフやシュノーケリングを楽しめるほか、優れた選手のみが挑戦権を得られるハワイ・アイアンマン世界選手権の開催地としてもアウトドアファンに知られています。

\u30e9\u30ca\u30a4\u5cf6

ラナイ島

そっと静かに過ごしたいという人には、小さな街に数軒のホテルがあるだけのラナイ島がおすすめです。ラナイ島を訪れる多くの旅行者を運ぶのは、マウイから1日5便運航されるフェリー。およそ1時間の船旅(約3,000円)の途中には、イルカやクジラの姿もよく見られます。ゴルフやシュノーケリングのほか、何百マイルにわたって広がる未舗装の砂利道やトレイルでの乗馬、マウンテンバイクでのサイクリング、ハイキングも人気です。

ハワイへの旅

ハワイ路線を70年以上に渡って運航しているユナイテッドは、米国本土とハワイ間においてもっとも多くの直行便を含む豊富なネットワークを提供しています。ユナイテッドは、直行便18路線を含む米国各都市からのホノルル(オアフ島)、カフルイ(マウイ島)、リフエ(カウアイ島)、コナ(ハワイ島)への1日最大37便のフライト、ロサンゼルスからヒロ(ハワイ島)へのフライトなど、多数のハワイ路線を運航しています。一部の路線でフラットベッドシート付きのプレミアムキャビンをご用意したり、ビーチでもう1日長く過ごしたいという方のために、夜間出発の復路便のエコノミープラスにゆったりした足元スペースと電源コンセントを完備したりと、ユナイテッド航空はお客様にリラックスしてシームレスな旅をお楽しみいただくための取り組みを続けています。ビーチリゾートへ旅行の際は、現地でのお支払いにマイレージプラス特典もご利用いただけます。ハワイへのご旅行のご計画には、united.com