ラスベガスといえば、夜空を照らすきらびやかなネオンサイン、カジノのポーカーテーブルやスロットマシンを連想する人も多いのではないでしょうか。広大なモハベ砂漠の端に位置するアメリカきっての観光都市ラスベガスは、刻々と進化を続け、今やあらゆる人を魅了する理想的なバケーションスポットとなっています。ラスベガスへの旅行を最大限に楽しんでいただくために、ラスベガスとその周辺エリアでおすすめの魅力的な7つのスポットを紹介します。

ネオン博物館

1996年以降、ラスベガス・ストリップでの役目を終えた古いネオンサインを収集・展示しているのが、この屋外アートギャラリーです。2エーカーの広さの土地に数百ものネオンサインが集められています。ネオンサインを通して色鮮やかな歴史がよみがえるネオン博物館は、絶好のインスタスポットとしても人気です。今でも新しいネオンが追加されていますが、コレクションの多くはネオンサインが隆盛を極めた1950年代、フランク・シナトラ、ディーン・マーティン、サミー・デイヴィスJr.といったラスベガスの大スターがカジノのショーで人気を誇っていた時代のものです。

Red Rock Canyon

レッドロックキャニオン

ラスベガスから西に車で約24キロメーターのところにある美しい自然保護区域レッドロックキャニオンは、多彩な景観にあふれています。整備された26のハイキングコースに加えて屋内外の展示も充実し、数々の野生動物や砂漠の植物を楽しむことができます。日焼け止めや水だけでなく、美しい滝を写真に収めるためにカメラをお忘れなく。毎月いろいろな教育プログラムも開催されており、中でも人気なのは『Bats in Our Belfry(鐘楼のコウモリ)』。レンジャーがキャニオンのコウモリ見学ツアーに連れて行ってくれます。

モブ・ミュージアム

ラスベガスの誕生にはマフィアによる組織犯罪が複雑に関与しており、荒涼とした砂漠の町が世界的な歓楽都市へと成長していった、その歴史を知りたい人にとっては必見のスポットです。モブ・ミュージアムでは、ラスベガスの発展の裏で暗躍したギャングたちと、彼らを追い続けたFBIや警察の両方に光を当てて、歴史的な品々、古い写真、悪名高き人物たちの等身大の人形などを数多く展示しています。期間限定の様々な特別展では、映画や本では決して垣間見ることのできない、ラスベガスの生々しい歴史を再現しています。

フーバーダム

人類のインダストリアル・スピリットとアメリカの卓越した技術力の結晶が、この巨大なフーバーダムです。ラスベガスから車で1時間もかからない場所にあり、一度見たら忘れられないスケールの大きさ。高さ221メートルのダムの姿を間近に見られるツアーは、大人から子供まで大人気です。ついでにフーバーダムによって生まれた人工湖、美しいレイクミードのクルーズもいかがでしょうか。湖畔にはボートツアーの発着地がいくつもあり、毎日運航していますので、事前予約なしでも大丈夫です。

ディグ・ディス・ラスト・ベガス

お子さんと一緒の旅なら、ラスベガスでしかできない体験はいかがですか。ディグ・ディス・ラスト・ベガスは街の真ん中にある広大な屋外プレイグラウンド。安全な環境下で、ブルドーザーやショベルカーといった大型の建設機械をお子さんと一緒に運転し、操作できます。おもちゃのトラックやブルドーザーのプラモデルで遊んだことのある人なら、きっと本物の運転席に座ってハンドルを握ってみたいはず。8歳以上のお子様であれば、訓練を受けた指導員のサポートのもとで、本物のキャタピラーD5ブルドーザーを運転する夢を叶えることができます。

スプリング・マウンテン・ランチ

ラスベガスのダウンタウンから車で比較的近い場所にありながら、古い歴史が感じられる州立公園です。古きよき西部スタイルの牧場が完全な形で保存されており、カジノの喧騒に疲れた昼下がりに、ピクニックをしながら癒しのひとときを過ごすのにぴったりの場所です。ネバダといえば猛暑のイメージがありますが、周囲に広がる緑と人工湖のおかげで、スプリング・マウンテンではとても涼しく過ごせます。ゆったりとしたハイキングコースを歩きながら、ネバダの中でもひときわ美しい景観に触れてみませんか。

ロータス・オブ・サイアム

アメリカで最高レベルのタイ料理が堪能できると評判のロータス・オブ・サイアムは、栄誉あるジェームズ・ビアード財団賞を受賞した人気レストランです。しかし、受賞までの道のりはとても長く、タイ北部の絶品料理を19年間作り続けた末での快挙でした。オーナー兼ヘッドシェフのサイピン・チュティマ氏は先日ラスベガスに2軒目をオープンし、これからは予約も取りやすくなるはず。ただ、ロータス・オブ・サイアムの料理が『Gourmet』、『Saveur』、『Bon Appétit』といった人気グルメ雑誌で20年にわたり高く評価されてきたことを考えると、やはり早目に予約を取るのがおすすめです。自家製ポークソーセージ入りのクリスピーライスサラダはぜひ味わっていただきたい逸品です。

ラスベガスへの旅

楽しく魅力あふれるラスベガスを旅行先に決めたら、united.comまたは便利なユナイテッドアプリでフライトの予約を。お客様の旅のストーリーは、ハッシュタグ#UnitedJourneyを付けてソーシャルメディアに投稿してください。