「旅することは、先入観や頑固な偏見、視野の狭さをぶち壊してくれる」と語ったのはマーク・トゥエイン。旅に出て自分の世界を広げた経験のある人なら、きっと共感できることでしょう。

先入観や固定概念が覆される体験は、私たちが旅が大好きな理由のひとつです。また、私たちが今、世界各地でのストリートアート制作という、世界中を旅する仕事を続けている理由もきっとそこにあるのだと思います。

もちろん最初からそうだったわけではありません。旅の素晴らしさに最初に気付いたのは、母が私たちをヨーロッパ各地を巡る1か月のバックパック旅行に連れて行ってくれた時です。当時、私たちは10代半ばでまだ外国に行ったことがありませんでした。私たちは旅行のための洋服を念入りに選んでバックパックに詰め込み、母はリック・スティーブスのガイドブックを持ち、旅は始まりました。私たちは英国、フランス、スペインで安宿に泊まり、見つけたすべての博物館・美術館を訪れ、可能な限りのバゲットやクロワッサン、パエリアを食べ、旅の毎日を楽しんでいました。

それ以来ずっと旅の魅力にとりつかれているのです。

\u30d1\u30ea\u306e\u30ab\u30d5\u30a7\u3067\u30b9\u30b1\u30c3\u30c1\u3092\u3059\u308b\u30b1\u30eb\u30b7\u30fc パリのカフェでスケッチをするケルシー


私(ケルシー)はその旅で特にロンドンが気に入り、ロンドンで学ぼうと心に決めました。そして、その数年後にロンドンのリッチモンド大学を卒業しました。私の人生はあの旅で変わりました。なぜなら、私がストリートアートについて学び、体験したのはロンドン留学中だったのですから。パリを気に入ったコートニーはフランス語を学び、パリ・アメリカ大学で比較文学の学位を取得しました。あの最初の旅は私たちの人生を変え、世界はいかに広いかということを気付かせてくれたのです。母が私たちをあの外国旅行に連れて行ってくれたことは、最高のプレゼントだったと思っています。

大人になり、常に世界を飛び回っている現在は、マイレージプラスの会員資格は旅の重要な要素だと感じており、毎年多大な恩恵を受けています。各地にあるユナイテッドクラブは、空港の喧騒から離れて、落ち着いたひとときを過ごせるオアシスです。また、早めに搭乗できたり、長距離フライトでアップグレードを利用して素晴らしい客室乗務員のサービスを受けたりできることも重要です。空の旅を楽しんでリラックスした状態で現地に降り立つのと、タフな旅で疲れ切って到着するのとでは全然違いますから。

結局のところ、企業というのはそこで働く社員で決まるものだと思います。私たちはこれまで、ユナイテッドのフライトで何度も心温まる体験をしています。あるフライトでは、機長からユナイテッド・ファーストクラスの乗客一人ひとりに宛てたお礼状をいただいたことがあります。別のフライトでは、ある客室乗務員の方が気分の優れない私に気付いて、エアボーン(ビタミンサプリ)を持ってきてくれました。またある時は、機内でスケッチをしていると、客室乗務員が私の作品について尋ね、私が自分の仕事について説明をすると、私のカラーリングブックを買うと約束してくれたこともありました。こうしたつながりによって、ユナイテッドでのフライトは私や妹にとっていつまでも心に残るものとなっています。

お子さんに何かプレゼントをしようと考えている方は、ぜひ旅行に連れていってあげてください。自分自身へのギフトを考えているなら、マイレージプラスに登録して、お得な会員特典を満喫されることをおすすめします。どちらもきっと後悔のないプレゼントになりますよ。

マイレージプラスにご登録になり、世界で最も価値あるロイヤルティプログラムでマイルをご獲得ください。ハッシュタグ#UnitedJourneyを付けて、旅行体験をぜひシェアしてください。