ホリデーシーズンが終わり、本格的な冬になると、空の旅にもちょっとした工夫が必要になります。頻繁に旅行に行かれる方はもちろん、年に数回の方でも、どんな準備をするか、そしてフライト前に空港でどう過ごすかによって、旅全体をより快適なものにできます。そんな冬の旅行シーズンに向けたお役立ちポイントをご紹介します。

急な天候の変化に備える

天候に左右されない旅行プランには、天気は変わるものだという前提が重要です。出発地のみならず目的地と、そしてその間のどの場所でも、天気の影響を受ける可能性があります。シカゴやデンバー、アメリカ北東部など、雪の影響を受けやすい都市では、厳冬期にフライトの遅延や欠航が発生することが予想されます。ユナイテッドでは、天候により運航に影響が生じた際、少しでもお客様が旅程を変更しやすくなるよう、航空券の変更規定を免除する場合があります。代替プランを立てておけば、万一の場合も安心です。

フライトが遅延・欠航しても臨機応変に

旅行当日は常に最新情報を把握しておくことが大切です。ユナイテッドのアプリ*に予約情報を登録しておくことで、搭乗予定のフライトの最新情報が得られます。オンラインやアプリ*でチェックインの際に電話番号かメールアドレスを登録しておけば、変更が生じた際、その旨の連絡を受けることができます。万一欠航が発生した際には計画を立て直せるよう、選択肢の把握が欠かせません。

空港で過ごす時間にゆとりを

繁忙期には混雑が予想されるので、空港には余裕をもって到着するのも大切です。早めに到着し荷物の預け入れや保安検査を済ませておけば、出発時刻まで十分に時間を確保し、軽食をとったり一服して過ごすことができます。また、到着前にオンラインやユナイテッドアプリ*でチェックインを済ませておくことも、時間の節約につながります。搭乗ゲートはもちろん、飲食店やサービス施設の場所など、空港に着く前にあらかじめ確認しておくとよいでしょう。ユナイテッドアプリ*からアクセスできる新しいインタラクティブ空港マップが、詳しくご案内します。

かさばる冬の必需品も身軽に

冬の旅支度は、厚いコートや冬服などがどうしても鞄のスペースを取るので、工夫するのもポイント。スペースを確保するため、圧縮袋等のテクニックを活用してみてください。機内での温度調節ができ、収納場所の節約にもなるため、厚手のコートの代わりに重ね着して搭乗するのもおすすめです。万が一のフライト遅延に備え、最低限の必需品は機内に持ち込んでおくことをお忘れなく。

冬の旅行は、工夫次第で上手に乗り切ることができます。事前に準備し、いくつかのポイントをおさえておくことで、天候による遅延があっても備えは万全、安心して出発することができます。時間の余裕と少しの工夫で、この冬の旅行シーズンをグッと快適にお楽しみください。

*現在は英語版のみでのご提供となります

アメリカ版HUBのオリジナル記事はこちらから