本シリーズでは、日本から世界を飛び回るトラベラーがお気に入りのスポットを紹介。 現地でしか体験できないアクティビティやレストラン、またガイドブックには載っていない「ローカルの秘密」まで、各トラベラーおすすめの情報をお届けします。

世界各国を旅しているトラベルインフルエンサー、二宮さきえさん。前回は、二宮さんが憧れた夢の街「ニューヨーク」の魅力について語ってくれました。(ニューヨークの旅はこちら

今回は、LA旅!サンタモニカにある憧れのホテルに泊まりながら、ずっと行ってみたかったお洒落なカフェ巡り。見ているだけで旅をしているような、二宮さんの写真と共にサンタモニカをご紹介します。


夏のサンタモニカへ

カフェのテラス席

成田国際空港からロサンゼルス国際空港まで約10時間のフライト。LAXで便違いの友人と合流し、Uberで20分、サンタモニカへ向かう。

いつか素敵な人のガイドブックで見た憧れのホテル!あそこに泊まってみたい!!!と思い選んだLA旅。それがサンタモニカにある「PALIHOUSE」だ。お庭が可愛い。ロビーも可愛い。お部屋ももちろん、いちいち小さなところまで可愛い。

あえてバラバラのデザインの椅子もテーブルも少しレトロなソファも、何もかも!

一休みしにホテルに帰ると、おやつにフリークッキーを用意してくれるところもお気に入り。お部屋も夢に見た素敵さ。

細かいところまでのこだわり

オリジナル柄の壁紙にチェック柄のファブリックやベロアのベッド。至る所に『P』のイニシャルあしらわれているのも、可愛い。
1日15ドルでレンタサイクルも借りることができる。Uberを使うまでもない近場へ行くのに、とっても便利だった。

レンタサイクルを借りて街を散策

早速レンタサイクルを借りて、街を散策がてらサンタモニカの海沿いにあるパブリックプール「Annenberg Community Beach House」へ向かった。ながいながいバケーションで暇を持て余すローカルのキッズたちでいっぱい。プールで少し身体を冷やし、2階に行くとサンタモニカビーチを一望できるのも何だか嬉しい。

プールでリラックス

ホテルにプールがなく少し残念に思っていたけど、パブリックプールに行く機会もなかなかないので、いい経験になった。


行きたいカフェだらけ。

LAでの楽しみといえば、ショッピングと美味しいご飯!LAのカフェは味も内装もクオリティーが高く、大好きなお店ばかりでいつもどこに行こうか迷ってしまう。そしてお天気も良いので、テラス席がとっても気持ちがいい!!お気に入りのお店をシェア。

1:「Gjusta」サンタモニカから自転車で13分程の距離なので、途中にあるショップにフラフラ寄り道をしながら向かいます。ここで食べるサンドイッチが格別。パンの種類から中身まで自分でカスタマイズして、好みのサンドイッチを作ります。バケットに、ターキー、トマト、オニオン、チーズを入れたシンプルなサンドイッチが好き!

「Gjusta」で一番好きなサンドイッチ


2:「Gjelina」上記1で載せた「Gjusta」の姉妹店。とにかくフレッシュオレンジジュースが最高においしい。"Soft Scramble with minced herbs"をオーダー。ハーブたっぷりのスクランブルエッグを焼きたてのトーストに乗せて。

「Gjelina」のSoft Scramble

店内の雰囲気も◎予約は必須。


「Gjelina」店内の雰囲気


3:「Ivy at the shore」入り口のボリューミーなブーゲンビリアに誘われて。ストリートに面したテラス席が気持ち良い。

「Ivy at the Shore」の入り口

テーブルにある黄色とピンクのバラの組み合わせが素敵で、色合いのインスピレーションをいつももらえる。


フレッシュジュースで乾杯


4:「The Beverly hills hotel」憧れのホテルは、レストラン利用だけでもOK!外観から、インスタでよく見る"The Beverly hills hotel"の文字に心踊ります。内装も完璧に可愛い…

The Beverly Hills Hotelの有名な外観

お天気が最高に良かったので、白とグリーンの大きなパラソルの下でランチを。

ホテルのシグネチャーショップではテーマカラーのグリーン×ピンクのストライプ、リーフ柄のグッズが豊富でどれも可愛く悩んでしまった…。友人とお揃いでラゲージタグを購入。


5:「Republique」高い天井と、大きな窓から入るたっぷりな太陽の光が最高に気持ち良いカフェ。朝から活気があり、大賑わい。私は白桃がトッピングされたBelgian Waffleをオーダー。ここのアボカドトーストも美味。

Republiqueのアボカドトースト

To go(持ち帰り)でパンや焼き菓子を買えるので、次の日の朝食にしたりするのも◎

こんなに、LAのカフェが素敵だとは思っても見なかった。美味しい、おしゃれ。それより何より、テラス席がどこも本当に気持ちがいい。


LAでの移動手段

以前LAを訪れた時『LAは車がないと移動が面倒』と認識していたので運転できない友人同士で行く旅先としては少し敬遠していた。けれど、レンタサイクルもあるし、街では電動シェアキックボード"Bird"で移動している人がたくさんいた。

"ホテル周辺・サンタモニカで遊ぶ日はそれらで移動し、少し離れた場所へ行く日はUberで"と使い分けして遊んでいたので、車がなくても十分に楽しむことができた。

そして色々な国でUberを利用しているけれど、LAのUberの綺麗さには驚いた。自家用車とは思えないほど綺麗で、内装もピカピカ、雰囲気のあるライトが光り、ペットボトルのお水まで用意してくれている車がかなり多い。この旅で"LAは車がないと移動が面倒、運転してくれる人がいないと行けない"という概念はどこかに消えてしまった。

これで気軽に、"次の旅先はLAで!"と提案できる。LAに行く回数がグンと増えるだろうな。


つい写真を撮りたくなるシックなホテル、太陽と共にテラス席でのブランチタイム、街の散策だけでも1日中楽しめる「ロサンゼルス」へは、ユナイテッド航空の直行便で。

二宮さんのお気に入りスポットをぜひチェックしてみてください。