現在の前例のない状況の中、私たちはすべてのマイレージプラス会員に対して正しく、公平であるよう努めています。ユナイテッドを信頼し、ご愛顧いただいている皆さまのために、このたびマイレージプラスプログラムの重要な変更を行いました。この変更はプレミア資格の更新に関するものだけでなく、現在お持ちの資格の延長や年間パスの有効期間の延長なども含まれます。これらの変更は今後数週間の内に自動的に反映される予定ですので、皆さまにお手続きいただく必要はありません。

ビッグニュース:2020年のプレミア資格の有効期限を2022年1月31日まで延長いたします。プレミアシルバーからプレミア1K®までの会員資格をお持ちの方は、少なくとも来年も今年と同じ会員資格をお楽しみいただけます。

2021年のプレミア資格ついては、各会員レベルの取得基準を50%引き下げますので、さらに上位の会員資格の取得が容易になります。ただし、ユナイテッドまたはユナイテッド・エクスプレス運航便は、これまで通り4区間以上ご利用いただく必要があります。

2021年の資格

PQF(プレミア資格対象フライト)

およびPQP(プレミア資格対象ポイント)で獲得

またはPQPのみで獲得

プレミアシルバー

6

2,000

2,500

プレミアゴールド

12

4,000

5,000

プレミアプラチナ

18

6,000

7,500

プレミア1K

26

9,000

12,000

1K®およびプラチナ会員の方には、プラスポイントの有効期限を6か月延長するとともに、スキップウェイトリストの対象を広げ、アップグレードの機会を拡大します。

  • 2021年1月31日以前に失効するすべてのプラスポイントの有効期限が、それぞれ6か月延長されます。
  • 昨年、1K会員の特典として、ご予約時にアップグレードが確約されるスキップウェイトリストを一部のフライトで導入しました。今年中にこの特典をご利用いただける長距離国際線のフライトが大幅に追加されるほか、2021年にはより広くご利用いただけるようになります。

すべての年間会員資格および年間パスの有効期限を、それぞれ6か月延長いたします。

  • 今後皆さまが空の旅を再開される際に現在お持ちの特典をご利用いただけるよう、購入されたユナイテッドクラブ会員資格、およびエコノミープラス、ユナイテッドWi-Fi、受託手荷物手数料など購入された各年間パスの有効期限を6か月延長いたします。この変更はお客さまのマイレージプラスアカウントに近日中に反映されます。

すべてのEサーティフィケートの有効期間を24か月に延長しました。

  • フライトスケジュールに変更が生じ、ユナイテッドより航空券代に相当するEサーティフィケート(ETC)が発行された場合、このサーティフィケートを用いての新規ご予約を発行日より2年間承ります。対象は現在有効なすべてのEサーティフィケート、および2020年4月1日以降に発行された新しいEサーティフィケートとなります。

今年末まで、一部の返還手数料を免除します。

  • 現在、2020年5月末までのご旅行について、すべての特典マイル返還手数料を免除しています。
  • また、これより2020年末までの期間、ご出発の30日前までにキャンセルされた特典航空券に対するすべての返還手数料についても免除となります。

最後に、2021年には翌年である2022年度プレミア資格の取得を容易にする取り組みも進めます。会員の皆さまが再びご旅行に出るタイミングはそれぞれ異なると十分に理解しております。2021年に2022年のプレミア資格を獲得するための変更点については、今年後半に詳しくご案内させていただく予定です。

長年にわたり、ユナイテッド航空は皆さまよりご信頼をいただき、ご愛顧を賜りました。今、私たちは同じくお客さまのご愛顧に感謝しながら、同じ気持ちでお応えできることを誇りに思います。私たちはどんな時もお客さまと共に進んでまいります。

*2022年1月31日までのプレミア会員資格の延長は、2019年マイレージプラスプログラムの取得条件の達成による資格、ユナイテッド/マリオットリワードプラスプログラムに伴う資格、およびセールスノミネーションにより提供された資格を保有するすべての会員に適用されます。その他のプログラムやポリシーにより付与されたプレミア会員資格には、適用されない場合があります。