• ブーム・スーパーソニック社と商用契約を結んだ初の米航空会社に
  • 超音速機により飛行時間は半減され、持続可能なジェット燃料のみで運航可能に

ユナイテッド航空(本社:シカゴ、最高経営責任者:スコット・カービー)は、6月3日(米国中部時間)、米デンバーを拠点とする航空宇宙企業「ブーム・スーパーソニック社」と商用合意を締結し、同社の航空機の購入及び、民間航空に超音速を取り戻すため協力して持続可能な取り組みを進めることを発表しました。

今回の合意では、ユナイテッド航空は、同社の安全、運航、持続可能性基準を満たすことを条件に、ブーム社の「オーバーチュア」航空機を15機購入し、その後オプションとして追加で35機購入することが可能となっています。ユナイテッド航空およびブーム社は、航空機の引き渡し時期までにそれらの基準を満たすよう協力して取り組みます。このオーバーチュア機は、運航が開始される際には、持続可能なジェット燃料(SAF)を100%使用し、運航初日から実質排ガスゼロの「ネットゼロ・カーボン」として運航する初の大型商用機となることが期待されています。同機は2025年には完成し、翌2026年には飛行を開始、そして2029年までには乗客を乗せての商業飛行が可能になる予定です。また、ユナイテッド航空とブーム社は、今後、協力してSAFの製造・供給の加速化を進めます。

今回の発表について、ユナイテッド航空の最高経営責任者スコット・カービーは「ユナイテッド航空は、より革新的で持続可能なエアラインを構築するという軌道を継続する中、今日の技術の進歩がそれをより実行可能としており、今回の超音速機もその一例です。ブーム社の民間航空の未来を見据えたビジョンと、弊社の最も強固なグローバルネットワークが一つになることで、ビジネスおよびレジャー目的のお客様に素晴らしい飛行体験をご提供できるようになります。弊社のミッションは、人々をつなぐことであり、今回ブーム社と協力することにより、より大きなスケールでミッションを実現することが可能となります」と述べています。

オーバーチュア機は、現在の最も高速な航空機の2倍の速さであるマッハ1.7のスピードで飛行することが可能で、500以上の都市を従来と比較して約半分の飛行時間で結びます。ユナイテッド航空が同機を導入する可能性の高い路線として、ニューアーク(ニューヨーク)からロンドンへは3時間30分、ニューアークからフランクフルトへは4時間、そして、サンフランシスコから東京(成田)へは、わずか6時間で結びます。オーバーチュア機は、シートに内蔵されたエンターテイメントスクリーンや、ゆったりとしたパーソナルスペース、そして非接触技術などを駆使した機内プロダクトを提供します。ブーム社と協働することは、より持続可能な航空旅行の未来を構築するために革新的な技術に投資するというユナイテッド航空の戦略の構成要素の一つとなっています。

ブーム社の最高経営責任者ブレーク・ショールは、「今回、世界初となる実質排ガスゼロの「ネットゼロ・カーボン」として運航できる超音速機の購入締結合意は、よりアクセスが可能な世界を構築するという弊社のミッションに対して大きな一歩を踏み出すものです。ユナイテッド航空と弊社は共通の目的を持っており、それは世界を安全にかつ持続的に一つにすることです。ユナイテッド航空のお客様は、従来に比べて2倍のスピードで人生の全ての利点を体験できるようになります。それは、より深く生産的な顧客との関係構築に始まり、より遠方の目的地でより長期に、よりくつろいだ休暇を楽しむことへもつながります」と述べています。

ユナイテッド航空について

ユナイテッド航空は「人と人をつなぎ、世界をひとつにする」ことを目指しています。ユナイテッド航空についての詳しい情報は united.comをご覧いただくか、公式ツイッター(@United)、または公式フェイスブック、インスタグラムをフォローしてください。ユナイテッド航空の親会社であるユナイテッド・エアラインズ・ホールディングス・インクは、ナスダック市場(Nasdaq)にUALのシンボルで上場しています。

日本におけるユナイテッド航空

ユナイテッド航空についての詳しい情報は日本語版ウェブサイトunited.comをご覧いただくか、日本語版公式フェイスブック「@UnitedAirlinesJapan」をフォローしてください。また、最新の日本語プレスリリースについては、ユナイテッドHub日本語サイト「https://hub.united.com/c/japan」をご参照ください。

About Boom Supersonic

Boom Supersonic is redefining commercial air travel by bringing sustainable, supersonic flight to the skies. Boom's historic commercial airliner, Overture, is designed and committed to industry-leading standards of speed, safety, and sustainability. Overture will be the first commercial aircraft to be net-zero carbon from day one, capable of flying on 100% sustainable aviation fuels (SAF) at twice the speed of today's fastest passenger jets. Overture's order book, including purchases and options, stands at 70 aircraft, and Boom is working with the United States Air Force for government applications of Overture. XB-1, a demonstrator aircraft, rolled out in 2020, and its net-zero carbon flight test program is underway. The company is backed by world-class investors, including Bessemer Venture Partners, Prime Movers Lab, Emerson Collective and American Express Ventures. For more information, visit https://boomsupersonic.com.

Connect with Boom Supersonic on Twitter, LinkedIn, Facebook, Instagram, YouTube, Medium.

Safe Harbor Statement under the Private Securities Litigation Reform Act of 1995: Certain statements in this release are forward-looking and thus reflect our current expectations and beliefs with respect to certain current and future events and anticipated financial and operating performance. Such forward-looking statements are and will be subject to many risks and uncertainties relating to our operations and business environment that may cause actual results to differ materially from any future results expressed or implied in such forward-looking statements. Words such as "expects," "will," "plans," "anticipates," "indicates," "remains," "believes," "estimates," "forecast," "guidance," "outlook," "goals," "targets" and similar expressions are intended to identify forward-looking statements. Additionally, forward-looking statements include statements that do not relate solely to historical facts, such as statements which identify uncertainties or trends, discuss the possible future effects of current known trends or uncertainties, or which indicate that the future effects of known trends or uncertainties cannot be predicted, guaranteed or assured. All forward-looking statements in this release are based upon information available to us on the date of this release. We undertake no obligation to publicly update or revise any forward-looking statement, whether as a result of new information, future events, changed circumstances or otherwise, except as required by applicable law. Our actual results could differ materially from these forward-looking statements due to numerous factors including, without limitation, the risks and uncertainties set forth under Part I, Item 1A., "Risk Factors," of our Annual Report on Form 10-K for the fiscal year ended December 31, 2020, as updated by our Quarterly Report on Form 10-Q for the quarter ended March 31, 2021, as well as other risks and uncertainties set forth from time to time in the reports we file with the U.S. Securities and Exchange Commission.


    # # #