病気と闘う子供達を乗せたファンタジー・フライトで、サンタクロースが待つ北極へ!

ユナイテッド航空(本社:シカゴ、最高経営責任者:オスカー・ムニョス)は、12月11日、昨年に続き日本では2回目となる「ファンタジー・フライト」イベントを成田国際空港で実施しました。ファンタジー・フライトは、30年以上に渡りユナイテッド航空の社員ボランティアが実施している同社伝統のチャリティイベントで、普段飛行機で旅行する機会の少ない病気と闘う子供達などを招いて、ユナイテッドの特別便ファンタジー・フライトで「北極」への遊覧飛行の後、「北極」にてサンタクロースやユナイテッドの社員ボランティアと一緒に様々なアクティビティを楽しむものです。今回は約120名の同社社員ボランティアが、イベントの企画、運営を行いました。

今年のファンタジーフライトも昨年と同様、重い病気と闘う子供達とその家族をサポートする NPO団体「Shine On! Kids(シャインオン!キッズ)」と難病と闘う子供達の夢をかなえる NPO団体「Make-A-Wish Japan(メイク・ア・ウイッシュ オブ ジャパン)」の2団体から、3歳から11歳の計35名の子供達とその保護者60名が参加しました。

イベント当日、子供達は受付にてパスポート型のメモ帳と「北極行き」の搭乗券、そしてファンタジーフライト特製Tシャツを受け取った後、特別な出国スタンプをパスポートに押してもらい、出発ゲートに向かいました。出発ゲートでは、パイロット帽子を被って実物サイズのコックピットの写真の前で記念撮影するなどフライト出発までの時間を過ごしました。

そしてボーイング777-200型機UA2811便「北極行き」フライト搭乗時には、子供たちはコックピット内で同便のキャプテン、スノー機長との記念撮影を行い、その後、UA2811便は、午後1時42分、「北極」へ向け成田国際空港を離陸。飛行中の機内では、ソフトドリンクがサービスされたほか、クリスマスの特別な装いをしたフライトアテンダントによるウクレレの伴奏とともに子供たちも一緒にクリスマスソングを歌い、「北極」到着前には、フライトアテンダントより子供たち全員に長靴の形をしたお菓子の詰め合わせがプレゼントされました。同便は午後2時31分、北極のように飾りつけされた成田国際空港の特別ゲートに到着。「北極」到着後、子供達は社員ボランティアがクリスマスソングをライブ演奏する中、病気と闘う子供達を支援する「Shine On! Kids(シャインオン!キッズ)」のトナカイに扮したファシリティドッグ「マサ」と「タイ」に迎えられた後、サンタクロースから一人づつクリスマスプレゼントを受け取りました。その後はユナイテッドの社員ボランティアと一緒にクッキーのデコレーションやクリスマスツリーのオーナメント作りなどのアクティビティに参加しました。

ユナイテッド航空の同プロジェクト総責任者である成田空港整備部長の菅原 敦(すがわら あつし)は、今回のファンタジー・フライトについて、「このファンタジー・フライトは、ユナイテッド航空が世界各地で行っている伝統あるチャリティ・フライトで、昨年に引き続き、日本で開催できたことを大変うれしく思います。今回の特別フライトの実現には成田空港会社の皆様など数多くの関係者の皆様にご協力を頂き、深く感謝申し上げます。今回のフライトで日頃病気と闘っているお子様の数多くの笑顔に出会えたことに社員一同とても感激しております。今後も日本における良き企業市民として、微力ながらもこのような社会貢献活動を継続してまいる所存です」と述べています。

ユナイテッド航空では、今年、同イベントを以下の日本を含む世界3か国16都市で予定しています(アメリカ:シカゴ、ワシントン D.C.、サンフランシスコ、ロサンゼルス、ニューアーク/ニューヨーク、オーランド、デンバー、フェニックス、クリーブランド、カンザスシティ、サンアントニオ、ヒューストン、ホノルル、グアム、イギリス:ロンドン、日本:成田)。

ユナイテッド航空について

ユナイテッド航空は「人と人をつなぎ、世界をひとつにする」ことを目指しています。お客様一人ひとりに、すべてのフライトで、一日も欠かすことなく素晴らしい体験をお届けするために、たゆみないイノベーションと改善を通して、これまで以上にお客様に満足いただけるサービスをご提供します。ユナイテッド航空とユナイテッド・エクスプレスは、ともに世界5大陸358カ所の空港へ毎日平均約4,900便のフライトを運航しています。2018年には、170万便超のフライトで延べ1億5,800万人の旅客を輸送しました。ユナイテッド航空は、米国本土7都市(シカゴ、デンバー、ヒューストン、ロサンゼルス、ニューアーク/ニューヨーク、サンフランシスコ、ワシントンD.C.)でハブ空港を展開しており、世界で最も広範囲なグローバルネットワークを誇ります。また、ユナイテッド航空は主要路線向けに788機の航空機を運航し、ユナイテッド・エクスプレスではリージョナル路線向けに560機の航空機を運航しています。ユナイテッド航空は、スターアライアンスの創設メンバーであり、加盟航空会社26社を通じて、世界195カ国に就航しています。ユナイテッド航空についての詳しい情報は united.comをご覧いただくか、公式ツイッター(@United)、または公式フェイスブックをフォローしてください。ユナイテッド航空の親会社であるユナイテッド・エアラインズ・ホールディングス・インクは、ナスダック市場(Nasdaq)にUALのシンボルで上場しています。

日本におけるユナイテッド航空

ユナイテッド航空は、現在、日本から米国本土7都市(サンフランシスコ、ロサンゼルス、デンバー、シカゴ、ヒューストン、ニューアーク/ニューヨーク、ワシントンD.C.)に加え、ホノルル、グアムへ週110便を超えるフライトを運航しています。また、最新鋭機であるB787ドリームライナーを、現在、成田-デンバー路線や成田-ロサンゼルス路線、関西-サンフランシスコ路線などで運航しています。2020年3月29日より羽田空港とシカゴ、ロサンゼルス、ニューヨーク/ニューアーク、ワシントンD.C.を結ぶデイリー直行便の運航を開始します(政府認可条件)。ユナイテッド航空についての詳しい情報はunited.comをご覧いただくか、日本語版公式フェイスブック「@UnitedAirlinesJapan」をフォローしてください。

    # # #