• COVID-19感染拡大および各国の出入国管理、検疫体制強化による需要変化に対応
      • 現行の減便フライトスケジュールを6月4日まで延長

ユナイテッド航空(本社:シカゴ、最高経営責任者:オスカー・ムニョス)は、本日、COVID-19の世界的な感染拡大および各国で実施されている出入国管理、検疫体制強化による需要変化を鑑み、現在、5月20日までとしている日本発着便の減便フライトスケジュールを6月4日まで延長すると発表しました。 また同時に、成田-グアム路線については、5月1日より現在の毎日運航から週3便体制に変更することも発表しました。

2020年5月1日から6月4日までの日本発着運航便は以下の2路線となります。

路線

便名(日本発/日本着)

運航体制(2020年6月4日まで)

成田-サンフランシスコ

UA838/837

毎日運航

成田-グアム

UA197/196

週3便(往復とも火、木、土、運航)

上記以外の日本発着便(成田空港、羽田空港、セントレア空港、関西空港、福岡空港発着便)は6月4日まで引き続き運休となります。なお、今後の旅客需要や各国の出入国管理、検疫体制の変更などによりフライトスケジュールは予告なく変更される可能性があります。フライトスケジュールの最新情報はユナイテッド航空ウエブサイト(united.com)を参照ください。

    # # #