ユナイテッド航空(本社:シカゴ、最高経営責任者:オスカー・ムニョス)は、このほど、COVID-19の世界的な感染拡大および各国で実施されている検疫体制強化による需要変化を鑑み、現在、6月4日までとしている日本発着便の減便フライトスケジュールを7月4日まで延長すると同時に、成田-ニューアーク・ニューヨーク路線を6月6日から週3便体制で運航再開することを発表しました。
さらに、以下の4路線については、今年の夏スケジュール期間(10月24日まで)の運休も発表しました。
  1. 成田-ロサンゼルス路線
  2. 羽田―ワシントンD.C.路線
  3. 関西-サンフランシスコ路線
  4. 福岡-グアム路線
2020年6月5日から7月4日までの日本発着運航便は以下の3路線となります。

路線

便名(日本発/日本着)

運航体制(2020年7月4日まで)

成田-サンフランシスコ

UA838/837

毎日運航

成田-ニューアーク・ニューヨーク(運航再開)

UA78/79

週3便

(成田発、月、木、土)

(ニューアーク発、水、金、日)

成田-グアム

UA197/196

週3便(成田、グアム発とも火、木、土、)


上記以外の日本発着便(成田空港、羽田空港、セントレア空港、関西空港発着便)は7月4日まで引き続き運休となります。なお、今後の旅客需要や各国の出入国管理、検疫体制の変更などによりフライトスケジュールは予告なく変更される可能性があります。フライトスケジュールの最新情報はユナイテッド航空ウェブサイト(united.com)を参照ください。

    # # #