• 消毒の分野において最も信頼されるブランドと米国を代表する医療エキスパートと組み、乗客を空港および機内で安全に迎える手順「ユナイテッド・クリーンプラス」を開発

ユナイテッド航空(本社:シカゴ、最高経営責任者:スコット・カービー)は、本日、航空業界をリードする衛生基準を提供することをゴールとし、顧客の旅行体験のすべてにおいて健康と安全を中心に置くという会社のコミットメントである「ユナイテッド・クリーンプラス」を発表しました。

この取り組みにおいてユナイテッド航空は、表面消毒の分野で最も信頼されるブランドの一つである「クロロックス」と米国での医療分野でのエキスパート「クリーブランドクリニック」により、同社の新しい清掃、安全、ソーシャルディスタンスの手順について情報の提供と同時にアドバイスも受けます。それには、手荷物を預ける際のタッチレス・キオスクの設置や、チェックインカウンターなどに設置される飛沫ガード板、乗務員および乗客へのマスクの着用義務、混み合うフライトにおいて乗客に別便を案内するオプションなどが含まれます。特にクロロックスのプロダクトは、ユナイテッドクラブにて使用されるほか、クリーブランドクリニックの医療専門家は、ユナイテッド航空に対して最新技術やトレーニング開発、そして品質保証プログラムについてアドバイスを行います。

クロロックスやクリーブランドクリニックのような表面消毒および健康において世界的に著名なリーダー達と協力関係を構築することにより、ユナイテッド航空の消毒、安全手順は信頼されたエキスパートによるアドバイスを受けたものとして、ユナイテッドの顧客はより安心して航空機を利用することができます。

ユナイテッド航空社長のスコット・カービーは、「安全は弊社にとって常に全てに優先するものです。現在、これまでに例のない危機の中、安全はお客様が最も重要視しているものに他なりません。COVID-19によりお客様が旅行に関する決断を行う際、清潔さと衛生管理が大きな判断基準になっていることを理解しており、弊社のお客様および社員の安全を守るためにあらゆる対策を講じています」と述べています。

クロロックスは、ユナイテッド航空と密に連携し、ユナイテッドの清掃プログラムを強化している他、消毒方法を再定義し、顧客がより健康で安全な環境で旅行を実現できるようにしています。クロロックスのプロダクトはまずシカゴとデンバーのハブ空港で使用が開始され、その後他の空港にも順次展開される予定です。

「ユナイテッド・クリーンプラス」が約束するのは消毒だけにとどまりません。ユナイテッドはクリーブランドクリニックの専門家にユナイテッドの方針や手順などについて相談し、それらが業界標準を満たすか、もしくはさらにそれを超えるようアドバイスを仰いでいます。それには、マスクの着用義務に始まり、手荷物の預け入れ時に利用できるタッチレス・キオスクの設置からソーシャルディスタンスにまで及びます。さらにはクリーブランドクリニックの専門家は、最新技術やトレーニング開発、そして品質管理のプログラムにおいてもアドバイスを行います。そして世界の科学者たちがCOVID-19について学ぶのに合わせて、クリーブランドクリニックの専門家達がその発見された情報、技術を使い、ユナイテッドが乗客の安全を守る新しい方策をスピーディーに導入するのをサポートします。