4月30日、ユナイテッド・ポラリス・ラウンジがサンフランシスコ国際空港(SFO)にオープンします。フライト前のリラックスしたひとときやお食事、またご到着後のリフレッシュにご利用いただける、ユナイテッド・ポラリスのお客様専用のラウンジです。シティ・バイ・ザ・ベイ(湾の隣に広がる都市)の愛称で知られるサンフランシスコの雰囲気が、ラウンジ全体に取り入れられています。

サンフランシスコの個性あふれる空間

2階建てのラウンジはSFO国際線ターミナルに位置し、広さは28,120平方フィート。空港とサンフランシスコ・ベイエリアを一望できるようデザインされています。お客様により上質な体験をお届けするため、ラウンジにはリラックスやリフレッシュのひとときを過ごしたり、静かにお仕事に集中できる環境が整っています。さらに、心地よい香りやBGM音楽、柔らかな照明が感性に働きかけ、ラウンジ空間をよりいっそう快適なものに演出しています。

多彩なニーズにお応えする広々とした座席エリア

お客様の多彩なニーズにお応えするために、ラウンジ全体で19タイプのソファやチェアをご用意しました。49席用意されたユナイテッド・ポラリス・ラウンジのシグネチャーシートは、大きな仕切りでプライバシーが確保されたゆったり設計。仕事やお食事のためのテーブルとサイドランプが備えられ、仕事をしたい方にもリラックスしたい方にも快適にお過ごしいただけるパーソナルな空間です。ラウンジ全体には電源コンセントとUSBポートがそれぞれ492カ所設置されており、フライト前にパソコンやタブレットを充電するのに最適な環境が提供されています。

リラクゼーションを高める癒しのアメニティ

デイベッドが備わるエリアはラウンジの他のエリアから離れており、サックス・フィフス・アベニューのブランケットと枕でゆったりとお休みいただけます。リフレッシュしたい方はソーホーハウスのカウシェット・スパ製品を備えたシャワールームをご利用ください。スーツケースなどの手荷物すべてを置くことのできる広々としたスペースが魅力です。ご要望に応じて、衣類のアイロン掛けサービスも承ります。

地域色あふれるお食事とお飲み物

サンフランシスコらしさあふれるメニューと、ユナイテッドのサンフランシスコ便が結ぶ海外都市のメニューの両方をお楽しみいただけます。搭乗前に手早くお食事を済ませたい方はビュッフェを、本格的なお料理を堪能したい方は40人まで利用できるプライベートダイニングエリアをご利用ください。カリフォルニア出身のシェフ、トリシア・グスタヴォ氏が手掛けるメニューは、伝統的な中華がゆの朝食やマッシュルームラグーと生パスタのパッパルデッレなどの各国定番料理に加えて、すべてのユナイテッド・ポラリス・ラウンジで味わえるユナイテッド・ポラリス・バーガーなど、多彩な品々が揃っています。

ラウンジではサンフランシスコにゆかりのあるカクテルをご用意。「マイタイ」はレストラン「トレーダー・ヴィックス」のオーナーだったヴィクター・バージェロン氏が1944年、ハワイ旅行からオークランドに戻った際に考案されました。人気の「ピスコパンチ」の歴史は、サンフランシスコがペルーからブランデーの輸入を始めた1830年代にまでさかのぼります。また、ガーニッシュを漬け込んだインフュージョン・ウォッカ、ウーロン茶葉で風味付けしたバーボン、自家製ベルモット酒なども味わっていただけます。

機内環境もさらに充実

ユナイテッド・ポラリス・ラウンジのオープンに加えて、機内環境もさらに充実しています。快適にお休みいただけるよう冷却ジェル入り低反発枕をご用意しているほか、甘いものに目がないお客様のためにご到着前のスイーツ・サービスなどもご提供。また平均して10日に1機のペースで、ユナイテッド・ポラリスの座席を備えた機材を導入予定です。

4月30日にSFOにオープンするユナイテッド・ポラリス・ラウンジをぜひご利用ください。当ラウンジは、SFO発着の長距離国際路線のユナイテッド・ポラリス・ファーストまたはビジネスクラスでご旅行のお客様、およびスターアライアンス加盟航空会社の長距離国際路線ファーストまたはビジネスクラスでご旅行のお客様にご利用いただけます。今後オープン予定のラウンジについてはユナイテッド・ポラリスのページをご覧ください。